ピコちゃんの紹介

【文鳥ピコちゃんとの日々】

こんにちは〜!ださきです!

一緒に暮らしている文鳥のピコちゃんを紹介します!

まずは先日撮った膝でモチっと寝ている激かわ写真をどうぞ!😍
しばらく動けませんでした。。可愛い。。」

膝で寝る文鳥

ピコちゃんについて

ピコちゃんは2020年5月生まれの女の子。もうすぐ3歳になります。3歳だって、可愛い😍

これまでは実家で家族と一緒に暮らしていました。

そして今年、私が一人暮らしを始めることになりピコちゃんをめぐって大戦争。

そもそも買いたいと言い始め、毎日責任を持って餌やり水やりをしていた私は、その愛が認められ家庭内裁判に勝訴。
結果、ピコちゃんと二人暮らしが実現することになりました。

私のことが一番好きだもんね〜!当たり前だよね〜!

家族にも情状酌量の余地が認められる(?)ので、たまに新居に来た時に遊ばせてあげています。

名前の由来

あんまり被らないけど呼びやすく気に入っているこの名前、「ピコちゃん」。可愛いですよね!

ピコちゃんという名前は私が昔大好きだった人形が元になっています。

私が幼稚園児の時に、どこに行く時も肌身離さず持っていた人形がありました。

電動式で動くボールが鼻の先についていて、グレーと黒の縞々のもふもふした細長い形のおもちゃ(お人形)、分かるでしょうか?

家族によると、そのお人形が好きすぎて「カワイコちゃん」と呼んで可愛がっていたらしいんですね。
今回イコちゃんが我が家にやってきて、その溺愛ぶりにあのときの「カワイコちゃん」みたいだねと言われました。

そこから私たちは新しい家族を「カワイコちゃん」を呼ぶようになり、短縮して最初は「いこちゃん」。鳴き声も加味して「ピコちゃん」になりました。

ちょっと名前の由来を聞かれると恥ずかしいのですが、こんな感じで名付けました。

ハートのイラスト

性格

超人懐っこい

文鳥さんを飼うのは初めてだったのでびっくりしたのですが、こんなに人に懐くんですね!!

放鳥中に別の部屋に行こうとすると、前から回り込んで私の肩に着地します。「行かないで!」って言ってるみたいで可愛いですよね💓

名前を呼びかけるとほぼ必ず返事してくれますし、手の中で収まってにぎにぎさせてくれます。

すご〜く賢い

文鳥さんは個体差があまりないと聞いたことがあるので、他の文鳥さんもそうだと思いますが、ピコちゃんはすごーく賢いです!

ネットを見る限り多くの文鳥さんがそうなのかもしれませんが、言いたいことがあると伝えようとしてくれるんです!

餌がないと教えてくれる

例えば、朝うっかり餌をやり忘れてしまった時。

「餌ないでーー!!ないで〜!!腹減ったで〜〜!!」と言わんばかりの呼び鳴き。さらにはケージ内に設置している温度計をガランガラン揺らして轟音を掻き立てます。

隣の部屋にいた私は、なんかうるさいなあと様子を見にくるとテーブルに餌の容器が!うっかり入れ忘れてしまったのでした。

ピコちゃんの意思表示がなければ危ないところでした。

餌をやり忘れても安心、という訳では決してありませんが、こうして意思表示してくれるのはありがたいですね。

水浴びの場所を覚えてしまう

我が家では夜の放鳥タイムに定期的に水浴びをさせてあげています。

なんとなく時間がわかるのでしょうか、いつも決まった時間に「出して!」というように鳴き始めます。

そして真っ先に向かうのが台所。いつも台所で手に水を溜めて水浴びさせてあげているのですが、場所を完全に覚えてしまいました。私が台所に行こうとしないと、台所を経由して私の肩に戻る、という行為を何回も繰り返します。「早くやろ!」って意思が伝わってすごく可愛いです。。

ちなみに水浴びした後のピコちゃんがこちら。イワトビペンギンちゃんみたいにツクツクして可愛いですね。。。

水浴び後の文鳥

人の気持ちがわかる?

ピコちゃんは人の気持ちがわかるような気がします。

悪戯でいこちゃんの尻尾を触ったりするときは、ガブガブと指を甘噛みされて少し怒られます。

ここまでは普通だと思うのですが、間違って手で少し叩いてしまったとき。
「ごめんね〜」と指に乗せなおしても、全く怒らないんです。ケロッと両肩を行き来したりします。

少なからず人の行為に悪意がある/ないに関しては、わかっているような気がしますね。。

う〜〜む賢い。。。。

まとめ

いかがだったでしょうか。私の愛する相棒ピコちゃんを紹介させて頂きました。

今後もピコちゃんの様子や文鳥にまつわる知識をご紹介していきたいと思っています。

ご覧いただきありがとうございました!

ありがとうのイラスト

コメント