鳥のお医者さんに聞いた文鳥の育て方〜餌やり編〜

【文鳥ピコちゃんとの日々】

この記事でわかること

私の飼っている文鳥のピコちゃんは、定期的に通院しています。

この記事では、実際に文鳥を飼っている獣医師の先生から聞いた文鳥飼育のコツをお伝えします!

お世話になっている先生は、文鳥やセキセイインコちゃんなどの複数の鳥さんを飼っている大の鳥好きです。

鳥への愛と正しい専門知識を持った先生からのアドバイスなので、信頼度は高いと思いますよ(^ ^)

まず本記事では基本編ということで、これだけは抑えておきたい!という重要事項をお伝えします!

この記事で、分かることは以下の通りです。

  1. 文鳥さんにあげるべき餌の種類がわかる
  2. 買っておけば間違いない餌がわかる

基本的な飼育環境について書いている記事はこちらになります。併せて読んでみてくださいね(^ ^)

餌やりの基本

本当に必要な食べ物とは

ホームセンターには文鳥用の餌がたくさんありますよね。「たくさんの栄養をバランスよく配合した、、」などと記載があるので、これがいいじゃん!と買ってしまいますよね。

しかし先生によると、そのような餌は肝臓の負担になってしまう危険があるらしいです。

例えば、はちみつ、乳酸菌、オリゴ糖など。これらは日常的に摂取するのは良くないと言います。

先生によると、鳥さんの基本的な食事は以下のもので充分。

  • アワ
  • キビ
  • ヒエ
  • カナリーシード
  • カルシウム(無着色)
  • ビタミン
  • ソバ
  • ムギ

これらに加えて、+αでたまにあげるといいものが以下の通り。

  • ボレー粉
  • キャベツ、小松菜、レタス、ピーマンなどの緑の野菜(注意あり)

ボレー粉に関しては砕く必要はなく、ひとつまみを週に1〜2回普段の餌と一緒に入れてあげるのがいいらしいです。

上記の野菜などは、文鳥さんは喜んで食べることが多いです!(うちのピコちゃんはキャベツが大好きです)

ただ、モロヘイヤなどの粘り気のある葉物はあげてはいけません。

そのう炎になってしまう危険性があり、命に関わると言います。必ず食べさせてあげるものは確認してあげるようにしましょう。

野菜をあげる頻度は週に一回。もしくは一日に小指の爪程度の大きさの野菜をあげるのがおすすめだと先生はおっしゃっていました。

おすすめの餌はこれだ!

さて、文鳥さんに必要な餌が分かったら次は餌選びですね!

ホームセンターなどで原材料名を見比べ、無駄なものが入っていないものを探して、、っていうのは少し面倒ですよね。

ご安心ください。私が探しておいたので、必要ありません!

私が普段からピコちゃんにあげている餌はこちらです。

この商品はアワ、ヒエ、キビ、カナリアシードのみが含まれており文鳥さんの体に負担がかかるものはないのでとてもおすすめです!

また、楽天で販売しているこちらの餌もコスパが良くていい餌です。うちのピコちゃんはとてもよく食べます(^ ^)

また、ボレー粉はこちらがおすすめです。

先生激推しの栄養剤とは?

さらに、先生激推しの栄養をご紹介します!

これをあげていると伝えたところ、「めっちゃいいですそれ!めっちゃくちゃいいので続けてください!」と言われました(^ ^)

その商品がこちらのビタミンです。ネクトンという商品です。

湿気にやられやすいので、こちらの乾燥剤つきがおすすめです!

毎日のお水に適量を混ぜるだけ。これで健康でいてもらいましょう!

まとめ

文鳥さんにあげるべき食事をまとめると、以下のようになります!

基本的な食事たまにあげると良いもの
アワ、キビ、ヒエ、カナリーシード、カルシウム(無着色)
ビタミン、ソバ、ムギ
ボレー粉、葉物の野菜(ねばねば系はNG)

初心者の方も、飼育経験がある方も餌を見直すことでより愛する文鳥さんに健康に長生きしてもらいましょう!

コメント